豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは!

 

不登校のお子さんが高校受験等で出席日数不足に苦しむケースは多いです。

しかし、文部科学省の定める方針により、ICT教材を活用した自宅学習で出席扱いになることが可能です。

文部科学省
「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」令和元年10月25日」

以下、その要件を具体的に説明します。

1)保護者と学校の連携・協力関係

先生に相談し、ICT教材を活用することでの出席扱いを求めます。
多くの学校は自宅でICT教材を使えば出席扱いにできることを知りません

2)ICTを活用した学習活動

ICT教材はパソコン(又はタブレット)で自宅でも利用でき、学習遅れを取り戻す手段となります。
現在の学年よりも前の学習範囲をさかのぼって勉強できるため、学習の遅れを取り戻すことができます。

3)対面の指導

学校への復帰を目指し、担任の先生やスクールカウンセラーによる対面指導の実施が重要です。

4)計画的な学習プログラム

ICT教材は文部科学省の学習指導要領に対応したものもあり、学校の教科書にも対応している為、学習計画を理解度に応じて設定できます。

5)学習活動の状況把握

ICT教材には学習管理機能が備わり、学習の履歴を確認できます。
保護者、学校関係者にも共有が可能です

6)学校外での相談・指導が受けられない場合

人間関係のストレスなどで外出が難しい場合でも、自宅での学習が可能です。

7)学習活動の評価

出席扱いだけではなく、4観点の評価も重要となります。

  1. 知識・理解
  2. 技能
  3. 思考・判断・表現
  4. 関心・意欲・態度

 

以上の7つの項目が達成できれば、ICT教材を活用し、出席日数を確保することができます。

不登校のお子様の未来にとって、有効な解決策となり得ます。