思う通りの結果が出ていないということは、何かが間違っているかもしれない。

勉強の量、勉強のやり方、勉強に対する向き合い方など、様々な要因が考えらる。

成果が得られない原因を特定し、それを改善することで、思い通りの成果を手に入れよう。

 

学習コーチングへ戻る


子どもの次世代教育 2.0【キャリア教育と学習コーチング】