豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは!

 

お子さんの成長と学習は深く結びついています。

今回は、この重要なテーマについて、校長フジタの主観を記載します。

1. 児童期(6歳から12歳くらい)の心理発達

小学生のこの時期は、「勤勉 vs 劣等感」という発展段階で、学業を通じて自己肯定感が育まれます。

お子さんの能力を伸ばすには、励ますことが大切。

保護者の方々には、過度な世話せずに子供の成長を温かく見守っていただきたいと思います。

 

2. 青年期(12歳から中学生くらい)の心理発達

中学生は、自分探しの時期です。

親子の適切な距離感が求められ、自主性を尊重する関わりが大切です。

 

3. 学習に対する親の関わり方

「勉強しなさい!」という言葉は、時に反発を招くことがあります。

むしろ、好ましい行動に注目して、褒める機会を増やすことが効果的です。

 

4. 塾での新しいシステム教材への取り組み

塾では、テキストの他、デジタル教材を取り入れ、お子さんに合った学習設計を提供していきます。

受講履歴から、おこさんの学習の特徴、苦手ポイント、適した問題をその場で生成など、お子さまに合わせて学習設計、学習目標のサポートもいたします。

 

最後に、塾と保護者さまの方々との連携が大切だと感じています。

お子様の学習設計について、学校の授業の苦手な箇所を重視するか、受験を重視するかなど、ご意見をお聞かせいただければと思います。

 

お子様の成長を一緒に見守り、最良の教育を提供できるよう、私たち塾スタッフ一同、全力でサポートします。

何かご質問やご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

blogに戻る


子どもの次世代教育2.0