豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは!

 

子どもたちが成長し、自分らしく生きる力を持つために、親や教育関係者がどのようなサポートをするかは非常に重要です。
この記事では、子どもの成長を助ける3つのキーポイントについて詳しく探ります。

コントロールしようとしない

子どもは独自の考えや感情を持っています。
子どもたちの考えを変えようとするのではなく、自分らしい意見や表現を尊重することが大切です。

たとえば、
子どもが夢中になって描いた絵を「こうした方がいい」と指摘するのではなく、「その色の組み合わせは面白いね」とそのアイディアを称賛する。

 

子どもに必要なのは「承認」

子どもには、自分の価値を知り、認識されることが大事です。

小さな成功や努力も見逃さず、称賛することで、子どもの自尊心を高めることができます。

例: 子どもが学校のテストで少しでも成績を上げた時、「前より上がったね、頑張ったんだね」と声をかける。

 

良かれと思ってのアドバイスが逆効果になることも

親の期待や、その子を「良くしよう」とするプレッシャーは、逆に子どもの自主性や自尊心を低くする可能性があります。

例: 子どもがバンドを始めたいと言ったとき、「その仲間の子ら大丈夫?野球とか体動かす運動系したら?…」みたいに否定するのではなく、「新しい事へのチャレンジは素晴らしいね、頑張ってね」と励ましてみる。

 

口を出さないコミュニケーションのスキル

子どもが自分の考えや感情を伝える際、大人は黙って耳を傾けることが重要です。

非言語的なコミュニケーションでサポートすることで、深い理解が生まれます。

例: 子どもが学校のことを話しているとき、途中で「それは先生間違ってる」と意見を挟むのではなく、まずは最後までじっくりと話を聞く。

 

まとめ

子どもの成長は、日々の小さなサポートや理解から生まれます。

私たち大人ができることは、子どもたちの声を真剣に聞き、彼らの考えや感情を尊重すること。

それを実践することで、子どもたちは確実に成長していくことでしょう。