豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは!

 

私には学習塾の校長以外の側面があります

20年前に起業して、情報商材販売、店舗向けの宣伝・求人サイトの運営、広告代理、女性モデルのマネジメント、撮影イベントの運営、中小企業のコーチ・コンサルと推移してきました

中小企業のコーチ・コンサルは今でも行っています

自社の社員との関り方、他の会社の社員を活かして成果を上げるサポートをしてきた経験から、塾生の目標達成、成長、学びについて私なりに戦略を持っています

生徒によって4つの手法をその人の段階に合わせて使うのが有効と考えます

その事についてお話します

カウンセリング、ティーチング、コーチング、コンサルティング

カウンセリング:心のサポート

学びの過程で生徒が直面するのは、数学や英語の問題だけではありません

友情、家庭の問題、自己評価の低さ… これらの心の問題は学びの大きな障害となり得ます

カウンセリングは、そうした心の障害を乗り越え、学びをスムーズに進めるためのサポートを提供します

 

ティーチング:知識とスキルの伝達

知識は学びの基礎です

私たちの塾では、生徒一人ひとりの理解レベルに合わせて、最適な方法で知識を伝えるよう努めています

例えば、集中力が長く続かない生徒に対して、飽きの来ない教材、学習方法を提供したりしています

 

コーチング:潜在能力の引き出し

コーチングは、生徒が自らの潜在能力を最大限に引き出せるようサポートする手法です

中小企業の経営者向けのコーチングを行う経験から、目標設定の重要性や、障害に対する適切な対応方法など、学習に役立つさまざまな手法を取り入れています

 

コンサルティング:戦略的なアドバイス

カリキュラムの設計や、どのような教材を使用するか、学習塾運営には戦略的な判断が求められます

コンサルティングの経験を活かし、塾の運営をより効果的に行うためのアドバイスや改善策を考えています

 

4つの手法が連携する魔法

例えば、生徒が数学の問題に困っている時、その背後には自信の欠如や焦りがあるかもしれません

この場合、ティーチングで知識を伝えるだけでは十分ではありません

カウンセリングで心の問題を解決し、コーチングで自信をつけるサポートを行い、最終的には効果的な学習戦略を提供するコンサルティングが必要です

 

コンクルージョン(結論)

学びとは、知識やスキルの獲得だけではありません

心の成長、自分自身の潜在能力を最大限に引き出すことも大切です

私たちの塾では、これら4つの手法を駆使して、生徒一人ひとりの真の学びと成長をサポートしています