豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは!
子どもたちが学ぶ意欲や創造性は、私たちが思う以上に、子どもたちの自己認識や自己価値観によって左右されます。
「勉強ができる子が良い子」「完璧な答えを出せる子が賢い子」等、成果によって価値を測る条件付けは、子どもたちに恐怖心やプレッシャーを与え、子どもたちの学習意欲を阻害します。
私たち学習塾の指導者として、子どもたちの学習への意欲を維持し、自主性を尊重することが重要です。
そのためには、「どんな時も君は価値のある存在だ」というメッセージを強く伝え、子どもたちに自分自身を認めることができる環境を提供する必要があります。
子どもたちが自身の価値を内面から感じ、認めることができれば、子どもたちの自主性、創造性、そして学ぶ意欲は飛躍的に増します。
塾の教育は、単に知識を教えるだけでなく、生徒たちが自分自身の可能性を信じる力を育む場所であるべきです。
その背景には、自主性を重んじた成果の出る学習に必要なサポートを見極めて対応することが塾側には必要になります。