学習は自転車や水泳みたいな段階的にできる事にイメージは近いです

まずは以下を参照ください

※無意識的無能などのワードは私が提唱しているのではなく、NLP(神経言語プログラミング)で使われているものです

自転車の場合
人に教える事ができる無意識的有能に意識的有能
無意識に乗れている無意識的有能
乗れる練習をしている意識的有能
乗り方知っているけど乗れない意識的無能
乗り方知らないし乗れない無意識的無能

学習の4段階

学習と”一言”で言っても、個々のお子さんの段階によってスタイルが変わってきます

まだ学習する状態でないお子さんに学習させようとしても、なかなか成果があがらない事があります

当塾では、以下のテーブルの様に、今の段階がクリアできたら、更に上の段階を目指していきます

塾でのコンサルティング
目標管理入試、テストまでの時間配分、勉強量を管理
タスク管理学習方針を常に検証
塾での学習トレーニング
応用力基礎と学力向上で応用問題が解ける様になる
地頭を鍛える今まで解けなかった問題を解ける様になる
正解できる長期記憶に残り、テストで正解できる
記憶の定着化何度も学習を反復する
会得している自分だけでも問題を解ける
フィードバック問題を解いて振り返り、問題を理解
ティーチング
教わるその時は問題が解ける
教わる問題が解けない
知っている問題が解けない
知らない問題が解けない
勉強どころではない
(カウンセリング)
学習意欲がない無気力、目的がない
問題を抱えている精神面、人間関係、生活面