豊中の小学生、中学生の皆さんこんにちは!

「マナまなぶ塾」という学習塾で校長をしております、校長の藤田です

勉強したことを長く覚えておくためには、ちょっとしたコツがあります。

これらのコツを使って、勉強をもっと楽しく、もっと効果的にしましょう。

学習内容を問題形式にしてみる

学習内容を問題形式で処理することで、問題を解く力を養い、勉強したこともより深く頭に残ります。

まるでゲームをしながら学んでいるような感じです。

分散して繰り返し反復しつづける

少しずつ時間をあけて、同じことを何度も勉強すると、記憶にずっと残りやすくなります。

全部を一度に詰め込もうとするよりも、少しずつ何日かに分けて勉強する方がずっと効果的です。

記憶しやすい形に変化させる

語呂合わせや過去に記憶している情報との連想を使うことで、勉強したことを覚えやすい形に変えてみましょう。

面白い絵や、覚えやすい歌は、記憶に残りやすくなります。

人に説明してみる(自己説明法)

勉強したことを家族や友だちに説明してみましょう。

自分の言葉で説明することで、よりよく理解できるようになりますし、覚えていることも増えます。

楽しむ、興味を持つ

学習内容に興味を持ち、楽しむことで、もっと記憶に残りやすくなります。

好きなことを学ぶ気持ちで勉強に取り組んでみましょう。

ギリギリ知らない箇所は先にテストを受ける

学ぶ前に少し知らない単元のテストを受けることで、脳が「これ何?」と考えだします、
勉強を終えた後も。

面白い例があるので、改めて記載しますね!

この「事前テスト」は、学習内容に対する好奇心を刺激し、「テスト効果」による記憶の定着を促します

これらの勉強のコツを取り入れることで、勉強したことをもっと長く、しっかりと覚えておくことができるようになります。

これらの方法を活用し、学習効果を最大限に高めましょう。

各手法についての詳細は、改めて説明いたします