豊中市で、小4~中学生向けの個別指導学習塾で校長をしております、藤田です
こんにちは

今日は、画期的な学習法「生産的失敗」についてご紹介します。

「失敗なんてしたくない!」と思う方も多いかもしれませんが、実は、あえて失敗することで、より深い理解を促進することができるんです。

「生産的失敗」の説明

「生産的失敗」とは、難しい問題に直面し、あえて失敗することで、より深い理解を促進する学習法です。

例えば、

  1. 問題を解く前に、まず自分で考えてみる。

  2. 間違えても気にせず、自分の考えをノートに書き出す。

  3. その後、先生の解説を聞き、自分の考えと比較することで、理解を深める。

「生産的失敗」のメリット

  • 記憶の定着:間違えた箇所を意識的に思い出すことで、記憶が定着しやすくなります。

  • 思考力向上:自分で考え、試行錯誤することで、思考力が高まります。

  • 問題解決能力向上:様々な問題に直面し、解決することで、問題解決能力が向上します。

アメリカの大学による研究では、「生産的失敗」を取り入れた学習法は、従来の学習法よりも記憶の定着率が2倍高かったことが示されています

例外と注意点

すべての学習場面に「生産的失敗」が適しているわけではありません。

非常に難しい問題や新しい概念を学ぶ場合は、まず先生の説明を聞いた方が良い場合があります。

また、焦って答えを求めようとすると、せっかくの「生産的失敗」の機会を逃してしまうこともあります。

講師への質問

講師への質問は学習にとって重要ですが、焦って質問するのではなく、まず自分で考えてみることで、より深い理解につながります。分からないことがあれば、自分で考え、仮説を立てた上で質問するようにしましょう。

まとめ:

「生産的失敗」は、学習効果を飛躍的に向上させることができる画期的な学習法です。

今日から、積極的に「生産的失敗」を取り入れてみてください。

きっと、学習効果を実感できるはずです。

塾のご案内:

当塾では、「生産的失敗」を取り入れた個別指導を行っています。

質問やご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。